ブログBlog

Blog

神戸御影院

078-955-2686

島根邑南院

0855-84-0567

営業時間

【神戸御影院】
●月・火・日曜
09:00~19:00(最終受付18:00)
●水曜
09:00~12:00(最終受付11:00)
【島根邑南院】
●平日
08:40~12:00/16:30~19:00
●土曜
08:40~12:00

定休日

【神戸御影院】
木・金・土曜、水曜午後
日曜日不定休
【島根邑南院】
日曜・祝日、土曜午後

Home > ブログ > Webサイトをリニューアルしました

お知らせ

Webサイトをリニューアルしました

三井吉時鍼灸院神戸御影院長の三井茂と申します。
令和元年5月1日の神戸御影院開設から1年と少しが経過し、令和2年8月18日より神戸御影院がメインのWebサイトをリニューアルいたしました。
当院は昭和8年に島根県で開業した吉時鍼灸整骨院の神戸院です。
島根吉時の3代目を私共夫婦で継承して12年が経過し、私の故郷である兵庫県の皆様にも私共の施術技術で貢献したいという思いで、神戸御影の地に昨年新たに開業いたしました。

私は鍼灸師の父を持ち、その父の背中を追うように鍼灸師の道を志し、兵庫県立西宮北高校を卒業後、鍼灸師を目指し明治国際医療大学に入学し鍼灸師、そして明治東洋医学院専門学校で柔道整復師の国家資格を取得しました。

明治国際医療大学では3年生の終わりに鍼灸師の国家資格を取得できたので、4年生では大学付属病院での実習、大学生活の合間に京都市内の整形外科のリハビリスタッフとして従事し、その経験を生かし大学卒業後は専門学校に通いながら、西宮市の整形外科でリハビリスタッフとして従事させていただいておりました。
整形外科でリハビリに携わることに大変意義を感じていましたが、そこではほとんど鍼を持つ機会がなく、やはり鍼灸師である以上、鍼灸の技術を磨きたいという思いから、整形外科を退職し技術を学べる鍼灸院、整骨院を探すことにしました。

私は父のみならず、伯父や従兄弟など鍼灸師、柔道整復師を営む親族が多く、親族の下で技術を習得するのが良いという家族の勧めに、「若い今の時期(当時24歳)だからこそ外にでて、技術、知識の研鑽をしたい」と思い、様々な伝手で業界内で老舗として有名な治療院から、初代で開業されたくさんの患者様から支持を得ている治療院まで色んな治療院を見学させていただく機会をいただく中で、25歳の時に三重県四日市市の仲野整体整骨本院で師匠となる仲野弥和先生と出会います。

朝9時の開院からひっきりなしに来院される患者様。
ギックリ腰で這いつくばって来院された患者様が、何事もなかったかのようにスタスタ歩いて帰られ、膝の痛みで足を引きずって来院された患者様も真っ直ぐに歩いて帰られる。圧倒的な治療技術を目の当たりにし、その日の内に四日市の仲野整体にお世話になることを決め西宮に帰りました。
当然父からも伯父からも反対されましたが、当時身内の下で技術を磨くことを微塵も考えていなかった私はすべての反対を押し切って四日市での生活を選択しました。

四日市での日々の臨床はまさしく師弟関係、職人の世界でした。
朝6時半には同僚とカイロプラクティックや鍼灸のテクニックの練習、9時から患者様を拝見し診療終了が20時頃。スタッフ全員で食事を摂り、そこからまた師匠の講義、同僚との練習。師匠の所有する治療に関する夥しい蔵書を読み漁る。寮に帰宅するのは早くて23時、遅い時は翌3時になることもありました。
そんな毎日を過ごし、初めはカルテの移動と患者様の誘導が主な仕事でしたが、修行開始から6ヶ月が経った頃に初めて鍼を抜くことを許され、1年程が経った頃に患者様に鍼灸治療をすることが許されました。
またカイロプラクティックのテクニックも検査のみが許されるようになり、1年が経つ頃には下肢や上肢のテクニックが許され、師匠に師事して約3年でようやく患者様に脊椎のテクニックを施すことが許されるのでした。

そんな仲野整体での修行も丸4年が経とうとしたある日、吉時鍼灸整骨院の2代目である妻の父が病に倒れ、もう患者様を診ることができない体調となってしまいました。まだもう1年師匠の下で研鑽を積むつもりでしたが、これを機に夫婦で島根に戻り吉時の3代目を引き継ぐ決意をし、平成20年4月25日、私の30歳の誕生日の日に夫婦で島根県邑南町の吉時鍼灸整骨院の3代目としての日々をスタートさせました。

スタートを切って1週間程が経ったある日、ギックリ腰で立って歩くことができない患者様が来院されました。25歳のあの時、僕の目の前で師匠が行なった光景が眼に浮かびました。あの時の師匠の治療を見て、四日市での修行を選んだこと、そして目の前にはあの時と同じような症状の患者様がいらっしゃる。もう助けてくれる師匠は横にはいません。そして僕は目の前の患者様を助けることができるのだろうか。内心は不安で一杯でしたが、「君ならもう大丈夫」と言って送り出してくださった師匠の言葉を思い出し、腹を決め腰椎のアジャストメントを施し患者様に立ってもらいました。すると真っ直ぐに立ち上がり、スッと歩き始める患者様。

今でも師匠の背中を追いかけながら、日常生活に支障を来たす皆様のために少しでも貢献できればという思いで毎日治療を行なっています。私が生まれ育った兵庫県、妻が生まれ育った島根県。この二つの地で、皆様に貢献するべく、これからも研鑽を重ねてまいります。

ギックリ腰の痛みで歩くのもままならない。痛くて腰が伸びない。
膝の痛みで正座ができない、階段が苦痛だ。
寝違えて首が回らない。
その他、様々な症状に真摯に向き合い、我々の持つ技術を駆使して改善を目指します。

日常生活でお困りの方、ぜひ当院にお任せください。

目次

  • ○  

シェアするShare

ブログ一覧