ブログBlog

Blog

神戸御影院

078-955-2686

島根邑南院

0855-84-0567

営業時間

【神戸御影院】
●月・火・日曜
09:00~19:00(最終受付18:00)
●水曜
09:00~12:00(最終受付11:00)
【島根邑南院】
●平日
08:40~12:00/16:30~19:00
●土曜
08:40~12:00

定休日

【神戸御影院】
木・金・土曜、水曜午後
日曜日不定休
【島根邑南院】
日曜・祝日、土曜午後

Home > ブログ > 東洋医学とは【気】・【血】・【水】を巡らせるもの

ブログ

東洋医学とは【気】・【血】・【水】を巡らせるもの

「東洋医学って何をしているんだろう?」「鍼灸ってそもそも何?」よく患者様から質問をお受けします。

東洋医学は「気・血・水」を整えて、体中に張り巡らせるのが目的です。気血水のバランスが崩れることで症状が生まれ、このバランスを自然治癒力により取り戻すことができれば病気は治ります。つまり気血水のバランスが保たれている状態が健康な状態であり、気血水のバランスの崩れ方によって鍼灸を用いてツボに刺激を与え、気血水のバランスを保つように促すのです。

「気」とは体内を流れるエネルギーのことで、元気や気力の気という意味を持ちます。「気」なんてなんとなく怪しい感じがしますが、皆さんも知らない内に日常で「気」を感じ取っています。後ろから誰かが近付いて来る気配を感じます。これも「気」。気が合う友人、気の合わない知人。これも「気」。見えない物なのでなんとなく怪しい感じがしますが、鍼灸治療で「気」を操ろうとする本物の鍼灸師は、脈や舌、皮膚の状態、体格などから「気」を感じ取っています。

「血」とは文字通り血液のこと。血液が循環して全身に栄養を運び、潤いを与えます。「血」は目にも見えますし、誰でも見たことがあると思いますので、最も理解しやすいと思います。

「水」とは血液以外の体内にあるその他の水分のこと。消化や排泄に影響する他、五臓六腑をスムーズに働かせる潤滑油のような作用もあります。

「気・血」が体内を巡るための通り道を「経絡」と呼びますが、これこそが鍼灸治療に重要なポイントとなる「経穴(ツボ)」の集合体となり、滞った経絡の流れをスムーズにすることが鍼灸治療の最大の狙いです。

当院で行っている「刺絡」という鍼灸治療の一つのテクニックですが、これはまさに滞った「血」を取り除き、気血の停滞を劇的に除去します。刺絡は太古から行われていた鍼灸施術方法で即効性が有り、効果の持続性も大きい治療方法です。

 

例えば肩こりの場合、酷くなると頭部や顔面部の症状も出現し、日常生活においても非常に不快な症状を生じますが、肩こりを伴う以下の症状をお持ちの場合は、刺絡治療が非常に効果を発揮し、また重要になります。
・目の奥が痛い、思い

・首と髪の毛の生え際のあたりに赤い痣のようなものが見られる

・耳たぶに深い皴ができる

・頭痛がする

このような症状は中年以降に見られることが多く、現代医学では病気とはされず、レントゲンなどの検査でも特に異常がないと言われ、湿布や痛み止めを処方されるのみで、また整骨院などでも、機械で温めて電気治療をして最後に軽くマッサージをされるだけで、一向に症状が改善されないまま放置されている方がほとんどです。

 

肩こりの治療とは言え、肩だけでなく全身のツボを丁寧に拝見し、日常の不快な症状を取り除き、健康的な日常を取り戻すサポートを行います。

シェアするShare

ブログ一覧