ブログBlog

Blog

神戸御影院

078-955-2686

島根邑南院

0855-84-0567

営業時間

【神戸御影院】
●月・火・日曜
09:00~19:00(最終受付18:00)
●水曜
09:00~12:00(最終受付11:00)
【島根邑南院】
●平日
08:40~12:00/16:30~19:00
●土曜
08:40~12:00

定休日

【神戸御影院】
木・金・土曜、水曜午後
日曜日不定休
【島根邑南院】
日曜・祝日、土曜午後

Home > ブログ > 突然襲われるぎっくり腰は当院にお任せください

ブログ

突然襲われるぎっくり腰は当院にお任せください

こんにちは。神戸市東灘区御影の三井吉時鍼灸院院長の三井です。

 

当院に最も多数来院される患者様の症状が「ギックリ腰」です。

重い物を持ち上げた瞬間、子供を抱き上げた瞬間、のような場合はまだ痛めた原因も理解できるのですが、取るに足らないことが原因(くしゃみをした途端、ズボンを穿こうとした途端等)で突然ギックリ腰に見舞われることもあります。いずれにせよ、突然起こるギックリ腰はとても辛く、日常生活にもかなり支障を来たしてしまいます。

 

ギックリ腰になった場合、おそらくほとんどの方がまず整形外科を受診することを選択されると思います。レントゲンを撮って何が悪いのか、どのような状況になっているのかを知りたいと思うのは当然のことだと思います。ところが整形外科でレントゲンを撮っても、「骨に異常はないですねえ。」とか、「4番目と5番目の椎間板が磨り減っていますねえ。」などと言われ、湿布と痛み止めの薬が処方され、また場合によっては痛み止めの注射をして、「安静にしていてください。」と、結局何が悪かったのかよく分からないまま、痛みも変化がないまま診察が終わることがほとんどです。

 

もう一つの選択肢として、整骨院に行かれるという方も多くおられると思います。たいていの整骨院ではギックリ腰の場合、私自身も柔道整復師の資格を持っており、過去に整骨院で勤めた経験もあるので分かりますが、患部を温めて低周波の電気を当て、最後に軽くマッサージをして終わることがほとんどです。帰る際に、やはり本当に良くなったという実感がないまま治療が終わることがほとんどです。

 

慢性的な腰痛の場合であれば、椎間板が狭くなっているという理由で腰痛が起こっているのもまだ理解できますが、ほとんどのギックリ腰は思い当たる原因があることが多いですが、それが元で椎間板が狭くなるということは非常に考えにくいことです。

では当院ではどうするのか。
まず腰の痛みに伴う関節可動域の制限の有無を確かめます。これは腰痛に限ったことではありませんが、ギックリ腰で前にかがめなくなった、後ろに反らせなくなった、という症状は関節の動きに制限がかかった状態ですので、軽い脱臼のような症状であると考えてください。関節が脱臼するとその関節は動かなくなり、当然強い痛みを伴います。ところが脱臼を整復すると不思議な程痛みが減り、即座に楽になります。ギックリ腰も同じこと。ズレた腰椎の関節を矯正するのです。このパターンの場合は本当に劇的に楽になります。

腰に痛みがあるが、関節の可動域には問題がない場合。つまり痛みはあるが、ゆっくり曲げればなんとか前にも後ろにも曲がる状態の場合。これは東洋医学でいう「瘀血(おけつ)」による痛みが主な理由です。瘀血とは、血の流れの滞り、またはそれによって起きる様々な症状や疾病を指す言葉で、主に刺すような痛み、重だるさ、鈍痛といった症状が出現します。この場合は鍼灸治療の中でも「刺絡」という方法が劇的な効果をもたらします。三稜鍼(さんりょうしん)という、特別な鍼を用いて瘀血(血液)を少量抜き取ることで強い痛みは改善されます。

 

痛み止めや湿布で改善しない腰の痛み。

何日たっても改善しない腰の痛み。

日常生活もままならない腰の痛み。

腰が痛くて仕事も休んでいる。

腰が痛くて子供を抱っこしてあげられない。

 

本当に困りますよね。

ギックリ腰の治療は当院にお任せください。

 

三井吉時鍼灸院院長 鍼灸師・柔道整復師 三井茂

シェアするShare

ブログ一覧