ブログBlog

Blog

神戸御影院

078-955-2686

島根邑南院

0855-84-0567

営業時間

【神戸御影院】
●不定休
09:00~19:00(最終受付18:00)
【島根邑南院】
●平日
08:40~12:00/16:30~19:00
●土曜
08:40~12:00【島根邑南院】
●定休日

日曜・祝日、土曜午後

料金

【初回施術料】

2,000円

【一般施術料】

6,000~8,000円

【高校以下施術料】

4,000~5,000円

 

Home > ブログ > 1か月前から痛みのため右肩が挙がらなくなった 44歳男性

肩の痛み症例

1か月前から痛みのため右肩が挙がらなくなった 44歳男性

神戸市東灘区御影の三井吉時鍼灸院の三井です。

 

目次

思い当たることなく痛みが出現する

1か月前から右肩の痛みが出現し、初めは「その内勝手に良くなるだろう」と思い、特に治療もせず過ごしていた。
症状が出現してから1週間が経った頃、良くなっていくどころか少しずつ痛みが強くなってきているので、整形外科を受診しレントゲン検査を受けたところ、「五十肩」と診断され、痛み止めの薬と湿布を処方された。

しかし1か月が経っても痛みは無くならず、むしろ悪化しており、夜中に痛みで目が覚め、起床後しばらくは右腕が挙がらず、着替えや洗顔動作も困難である。日中はいくぶん痛みは和らぐが、それでも痛みを1日中忘れることはない。

五十肩とは

肩関節の運動痛と夜間の痛みのことを五十肩と言い、正式には「肩関節周囲炎」と呼びます。50歳台を中心とする、40~60歳代の方に多く見られるので、俗に五十肩と呼ばれます。

特徴としては、
・肩関節を動かしたときの痛み
・睡眠時の痛み
・酷い場合は安静時にも痛みがある
・肩関節の可動範囲が狭くなる
・肩関節が全く動かなくなりため、「凍結肩」と言われることもある

といった特徴的な症状が見られますが、患者様によってその他の症状が見られる場合もあります。

朝の痛みを和らげたい

「痛みが強くて1日中困っているが、とにかく朝の痛みが最も辛いので和らげて欲しい」ということでした。
痛みのためスーツの上着を着るのにものすごく時間がかかり、右手が顔に届かないので、朝顔を洗うのがとても苦痛である。

どのような痛みでも、その他の症状でも、日常生活動作に支障を来す症状は非常に辛いものです。

施術後の様子

そんな様子を見ていたご家族の方の勧めで当院に12月19日に来院されました。
当院では施術の際、当院オリジナルガウンにお着替えいただくのですが、ガウンに着替えるのも本当に辛そうでした。

問診の後、右肩の可動域を検査したのですが、水平よりも上に挙げることがことができず、これでも起床時よりは楽だということ。余程起床時は酷いことが推察されます。

鍼灸治療、刺絡治療と、手技療法により右肩関節と右肩鎖関節の動きを操作したところ、写真のようにずいぶん腕が挙がるようになり、患者様も驚いておられました。

五十肩の施術は1回では難しい

これまでの施術経験上、自加重がかからない関節(肩、肘、手指など)の施術は少し回数がかかってしまうことが多いです。例えば今回の五十肩や腱鞘炎、テニス肘などがそうです。

しかし五十肩などは、酷い方は1年や2年ずっと困っていらっしゃる方がざらにいらっしゃいます。それと比較すると、当院の施術で圧倒的に短期間で回復させることが可能です。
五十肩でお困りの方、あきらめずに当院までごそうだんください。

三井吉時鍼灸院 鍼灸師・柔道整復師 三井茂

シェアするShare

ブログ一覧