ブログBlog

Blog

神戸御影院

078-955-2686

島根邑南院

0855-84-0567

営業時間

【神戸御影院】
●月・火・日曜
09:00~19:00(最終受付18:00)
●水曜
09:00~12:00(最終受付11:00)
【島根邑南院】
●平日
08:40~12:00/16:30~19:00
●土曜
08:40~12:00

定休日

【神戸御影院】
木・金・土曜、水曜午後
日曜日不定休
【島根邑南院】
日曜・祝日、土曜午後

Home > ブログ > 日曜日の新規患者様

ブログ

日曜日の新規患者様

神戸市東灘区御影の三井吉時鍼灸院です。

当院は今年から不定休とし、日曜日、祝日もほぼ休みなく診療しておりますが、皆様がお休みされている日には当日ご予約いただく患者様が結構いらっしゃいます。そのほとんどが、「明日から仕事に行ける体にしてほしい。」と来院されます。

 

目次

今年から当院は不定休に

昨年までは日曜日から水曜日まで神戸御影で診療し、木曜日から土曜日は島根県邑南院で診療するという、かなり変則的な診療日程となっていましたが、今年から神戸御影院に常駐し毎日診療しています。

金曜日にギックリ腰になったとお電話いただいても対応できないもどかしさ、せっかく患者様に頼られているのにそれに答えられないことにジレンマをを感じていました。

今年から、神戸御影院で腰を据えて治療に臨めるように体制を整え、神戸御影院を運営しています。

4月18日日曜日のギックリ腰の患者様

この日は18時に治療を終え、片付け、帰宅支度を終え、18時30分頃に院を出て帰宅しようとしたまさにその時に電話が鳴りました。

「日曜日診療されているので電話しました。今からでも診ていただけるでしょうか?」

とても丁寧な言葉遣いでお電話いただき、この後家に帰るだけですので断る理由も何も見当たらないので、治療を快諾し、ご来院いただきました。

なんでも、正午頃に腰がピキッとなったそうですが、それほど痛みもなく用事があったため自転車でお出掛けなさったそうですが、その出先で徐々に痛みが悪化し我慢できない痛みになってきたため、17時頃に日曜日診療している整骨院を見つけ受診したということでした。そこでは軽くマッサージだけしてもらったそうですが、何も症状に変化がないため、再度日曜日診療している治療院を探し、グーグルマップの口コミにギックリ腰のことが書いているのでお願いできないかと当院に辿り着かれました。

来院時痛みのため直立できず、腰を後ろに反らすことができませんでした。座った状態で足が上がらないため靴下が履けない。痛みのため動き始める時が辛い。

拝見させていただいて、まずは左仙腸関節のアジャストメントを行い、立って腰を後ろに反らしていただいたところ、「あれ痛くない。」、「たったこれだけでこんなに楽になるのですか?」と。

技術と経験があれば実はギックリ腰の治療はそんなに難しくありません。むしろ簡単な部類です。慢性的な症状よりもギックリ腰や寝違いなどは劇的に症状が変化することがほとんどなので皆さんとても驚かれます。

矯正後は腰痛に対して鍼灸を行い、帰る時には「嘘みたいに体が動く。」と喜んでいただきました。

4月25日のギックリ腰の患者様

朝8時頃、WEBからの予約が入ったメールを見て直感的に「ギックリ腰だな」と思いましたが、やはりギックリ腰の患者様が来院されました。

4月20日火曜日から腰が痛くなり少しずつ悪化。24日から痛みが酷くなり、25日の朝になっても痛みが治まらないので、「明日からの仕事ができるように何とかしてください。」と来院されました。

右腰を右に突き出すような姿勢になっており、相当無理と我慢をされていたことが分かります。左右に腰を突き出しているような腰の痛みは、疲労やストレスを抱えている方が非常に多く見受けられます。そしてこの手の急性腰痛は一筋縄では行かないことが多いように感じます。

この方は前に屈むことが全くできない状態でしたので腰椎の検査を行い、まず第5腰椎のアジャストメント(矯正)を行いました。これで少し楽になったのですが劇的とは言えません。座った状態で検査をしていたのですが、座っているのが辛いと言われ、左手でご自身の体重を支えるように座っておられました。

矯正後鍼灸を行ったのですが、この患者様は横になった方が楽だというので、うつ伏せで鍼灸、刺絡を行いました。一通り終えて起きていただき、再度座って腰椎の状態を確認します。

患者様に「さっきより座ってるのらくじゃないですか?」と尋ねたところ、「左手で支えなくても座っていられます。全然らくになっています。」と言われました。この段階で再度立って前に屈んでいただいたところ、まだ腰に痛みが残るので、座った状態で再度数か所に刺絡を行いました。治療を終えて腰の状態を伺うと、「めちゃめちゃ楽になりました。」と仰っていただけました。

早く日常を取り戻せるようにお手伝いします。

日曜日に初診でいらっしゃる患者様の多くが、明日の仕事のために何とかしてもらいたいと来院されます。

当院ではなるべく早く日常を取り戻すお手伝いをいたします。通院の強要はいたしません。患者様が求めるゴールに達したら、継続して通院する必要はありません。早く当院での治療を卒業していただきたいと考えています。

ギックリ腰や、寝違いはもちろんですが、治療を受けてもなかなか改善しないお悩みをお持ちの方はご相談だけでもお気軽にご連絡ください。

三井吉時鍼灸院 鍼灸師・柔道整復師 三井茂

シェアするShare

ブログ一覧